ミズバショウ開花

上池コースのミズバショウが白い花(本当は仏炎苞)が姿を現し始めました。


ミズバショウ(水芭蕉)
サトイモ科 
Lysichiton camtschatcense  

花茎は10〜30僉2峇は4月〜5月。
仏炎は長さ8〜15僂砲覆襦
ほとりあ周辺では上池コースに群落を形成している。

    
                【2014.4.5 上池コース】

水芭蕉の白い部分は花ではありません。
白い部分は仏炎苞
(ぶつえんほう)と呼ばれ葉の変形したものです。
真ん中のとうもろこしのような部分が花で、小さな花がたくさん集まっています。
ですので、水芭蕉の花白色ではなく黄色なのです。



  
                        【2014.4.5 上池コース】



                           (つめ。)

春の花情報(4月2日)

開花情報を更新!

 
                     【カタクリとエンゴサク】

オオミスミソウ、カタクリ、キクザキイチゲは今が見ごろ!
オオミスミソウはそろそろ終わりに入りはじめました!

ショウジョウバカマ。

開花個体が増えてきました!
各コースで見られます!
    


オオイワウチワ。
遊歩道の尾根沿い見られます。
見頃のピークまでもう少し!
詳細はほとりあ館内のMAPをご覧ください。

   

スミレサイシン。
各コースで開花個体が見られます!
他にもスミレ類はたくさん種類があるので
探してみましょう!

     
 
 各写真の右側に映っている距の長さの違いも種類の判別する方法の1つです!


オトメエンゴサク。
瀬が沢コースで見られます!
あっという間に開花。
いまが見頃です。
     

ミヤマカタバミ。
夕方で葉っぱも閉じてしまい、写真がよくありません。
開花個体、つぼみの個体が各コースで見受けられます。
葉は
日照に応じて葉を開閉する。 
   
                           

シラネアオイ。
開花個体はほんの少し。
見頃まではもう少し!


   

ニリンソウ
開花個体が見受けられる。
ニリンソウの花は同時には咲かない。
見頃までもうしばらくかかりそう!
    

キバナイカリソウ。
開葉しはじめた個体が見受けられる。
見頃まではもうしばらく!
    

たくさんの春の花に会いに来てください。


                       (つめ。)


春の樹木の花

今回は春に咲く樹木の花を紹介します!

まずはキブシ
ほとりあから瀬が沢コース入口までの下池周遊道で多く見られます!
キブシロードといっていいくらいに今きれいです!
 
キブシ
Stachyurus praecox(木五倍子)
キブシ科
早春を告げる代表的な樹木の花で、黄色の釣鐘型の小花を葡萄のように 枝から垂れ下げて咲かせます。雌雄異株で雄株は、雌株よりたくさんの花を咲かせますが、実は結びません。雌株は花後に実が成り、その実から黒い染色が採れます。 この染料はフシ(五倍子)の代用として使われ、昔の既婚女性の御歯黒に使われました。 キブシという名はここから付けられています。

 
次は山の桜。
オクチョウジザクラ
写真のピントがずれている点はご容赦を。。。
   

オクチョウジザクラ Prunus apetala var. pilosa(奥丁字桜) バラ科                                                                              日本海側に生育。高さ5mほどになる落葉低木。花の萼筒が長く横から見ると漢字の丁に見えるところから、丁字桜といいます。葉のに丸味のある鋸歯があり、他のサクラと見分けられます。


キイチゴの1種であるモミジイチゴ
 

モミジイチゴ 
Rubus palmatus var. coptophyllus(紅葉苺)
バラ科

葉の形がモミジに似ているというのでモミジイチゴという名がつきました。花が下向きに咲くのが特徴!夏には木苺が食べられます!


高館山に自生数が少ないアブラチャン
下池周遊道で確認することが出来ます!
 


アブラチャン Parabenzoin praecox(油瀝青)                           クスノキ科                             
春に小さい黄色花が咲く。
材、実ともに油を多く含む。              
昔はこの油を灯火用に使ったそうです。             
材は和かんじきの材料となる。                 

春は是非、安全に気をつけながら、上も下も眺めながら春の花を楽しんでください!

                      (つめ。)


ツバメ飛来!

ハクチョウやガンカモが北にもどりはじめ、春を告げる鳥・ツバメが渡ってきました!


ツバメは、春になると東南アジアから日本に渡ってくる渡り鳥です。
ほとりあ周辺では、3月29日あたりから情報が寄せられました。
本日、私も確認!

庄内平野や金峰街道でも農作業の準備をする方を見かけ始めました。
やはり春なのですね(*^_^*)

ツバメ(燕)Hirundo rustica
スズメ目ツバメ科
額とのどが赤く、尾の下面に白斑のあるが特徴です。
東南アジアから渡ってきて、人家の軒先に椀形の巣をつくる。
繁殖期はつがいで行動するが、繁殖が終わるとヨシ原に集団でねぐらをつくる。
一夫一妻。

 

ほとりあ周辺では、昨年コシアカツバメも確認されています!

春山散策のあとは、都沢湿地にも足をはこんでいただき、湿地に訪れた春も観察ください。



                                 (つめ。)

春の植物『オウレン』

オウレン 黄蓮(別名:キクバオウレン)
キンポウゲ科

春にカタクリやオオミスミソウを探しに行くと、可憐なこの花に出会います!この花の生態について文献で調べると、雄性両全異株となかなか聞きなれない言葉がでてきます。そして花粉を運ぶ昆虫も他の植物とはかなり違いがあるようです。
少し時間があるときは、森の中で花の前に座り、訪れる昆虫を見てみるのも春の素晴らしい過ごし方ですね!

         
   【オウレンの花】

   
    【根出葉は1回3出複葉】     
 【根出葉は地上部に広がる】


草丈15〜40cmの多年草。
根出葉は1回3出複葉でやや厚く光沢があり、小葉は広卵形で3中裂し、不揃いで欠刻状の鋸歯があります。
 花は雄性両全異株で、花茎の先に3個横向きに咲き、白色または帯紫色で両性花と雄花があります。
また、根茎は黄色で(和名の由来)漢方の胃腸薬として用いられています。


                         (つめ。)



[HOME]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode