春の植物情報

ほとりあ周辺の植物情報!
キクザキチゲやカタクリはまだ開花している場所もありますが、全体的に終盤を迎えてきました。
 
            

それと入れ替わるように、オオイワウチワが開花し、ショウジョウバカマが茎を伸ばし、キバナイカリソウがつぼみをつけはじめました。
  
     <キバナイカリソウ>     <ショウジョウバカマ>       <オオイワウチワ>
 
瀬ヶ沢や上池コースではオトメエンゴサク(エゾエンゴサク)が見頃です。



x

スミレの仲間もスミレサイシン以外に、ナガハシスミレやマキノスミレも開花し始めました。

 
 
           <ナガハシスミレ>                  <マキノスミレ>

上池コースではミズバショウもそろそろ見頃です!

         

ミズバショウ(水芭蕉)
サトイモ科 
Lysichiton camtschatcense  

花茎は10〜30僉2峇は4月〜5月。
仏炎は長さ8〜15僂砲覆襦
ほとりあ周辺では上池コースに群落を形成している。


水芭蕉の白い部分は花ではありません。
白い部分は仏炎苞
(ぶつえんほう)と呼ばれ葉の変形したものです。
真ん中のとうもろこしのような部分が花で、小さな花がたくさん集まっています。
ですので、水芭蕉の花白色ではなく黄色なのです。


[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode